名古屋西南ロータリークラブ:ホームページ開設に寄せて

名古屋西南ロータリークラブ:ホームページ開設に寄せて


「私のロータリー考」


2000~’01年度 一般広報委員長

Mr.HIRANO
平野 雪夫

 私がロータリーの会員になってやっと3年が過ぎました。
この間、親睦活動委員、会員増強委員、一般広報委員長を経験しました。興味深いのは、こうして会員が毎年違った役割を担っていくシステムです。このように段階的に使命感とか責任感を育てていく事により、理事役員へと必然的に持ち上げて、結果として素晴らしいリーダーを輩出していきます。
 私はロータリークラブに入会する前、友人に誘われて、ポリオ撲滅運動をしている『世界の子供にワクチンを』日本委員会を支援するため、毎年、チャリティーパーティーに参加していました。この時、代表の細川佳代子さんから「100円で5人の命を守る事が出来る」とか「戦後間もない日本の子供たちも、世界中のボランティアによって救われた」との話を聞きました。
 ロータリークラブがポリオ撲滅活動をしている事を私が知ったのは、恥ずかしいのですが最近の事です。そしてその活動が、ロータリー財団を通して世界中のロータリアンによって、毎年確実に成果をあげている事、アジア各国で高く評価されている事を知ったのです。
 私の友人は、私がロータリアンである事を素晴らしいといいます。それはロータリーの奉仕活動を高く評価しているからです。
バブルの頃、メセナ活動が盛んに話題となりました。企業は利益の一部を社会貢献に使うべきだとの考え方ですが、最近は誰も口にしなくなりました。しかし、この精神は経営者にとって非常に大切です。
私はロータリー活動がメセナ活動に通じていると思っています。ロータリーの会員である事に誇りを持ち、ロータリー活動により、メセナが実現できる事を願っています。