「幹事退任挨拶」

suzuhara
幹 事   鈴原   孝

名古屋西南ロータリークラブ

 

 

「幹事退任挨拶」

 

2005~’06年度 幹 事

 

 

 2005~06年度の幹事を務めさせて頂き、池井戸会長を始め理事・役員、委員長、直前会長・幹事の皆様方、事務局の富美さんには、大変ご協力を賜り誠に有難うございました。私の様な何の取り柄もない本当に普通の人間が、どうにか、こうにか、無事任期を迎えられます事、心よりお礼申し上げます。
特に二俣親睦活動委員長には、私の女房役を引き受けて頂き、影に日向にお力添えを賜り、私に変わって皆さんからのご要望、ご進言、ご意見を一手に引き受けて頂き、また、会の運営やら難しいお話もお引き受け頂き、さぞや!こんな話ではなかったのに!!!!!とお思いだったと思います。本当にありがとうございました。皆さんもお解かり様に、彼はもう立派な幹事です。
 思い起こせば、つい先日の事のようです。
副幹事時、最後の最後まで委員会人事と退会。幹事時には最後エレクトの退会と、人事面では大波乱で始まり大波乱で終わりを迎えようとしています。
例会運営では、夏の家族会の小瀬の鵜飼。秋の家族会の勘三郎襲名披露の観劇。社会奉仕活動での岡崎八丁味噌「カクキュウ」見学。国際奉仕でのカンボジア保健センターの竣工式訪問。忘年家族会。創立記念例会のグランターブルキタムラ。社会奉仕活動では、いるか作業所とのブルーボネット押し花教室、献血活動。新世代委員会の昭和橋作業所餅つき、二回の献血活動、ライラ委員会一泊研修。会員増強では貴重な純増1名?よくわかりませんが、ガバナー賞受賞。毎回例会ではニコBOX、出席委員長さんには、大変ご苦労様でした。その他の各委員長さん。増強・ライラ・財団学友・CICO・万博委員の地区委員の皆様方。多大なお力添えに感謝いたします。
また、各同好会につきましても、各同好会会長さんにお任せしっぱなしで、反省しております。新しく出来ました、写真同好会は、いきなりのモデル撮影で戸惑われたでしょうがさすがプロ。上手なポーズでした。きれいな写真を見せていただきましたが玄人はだし。(ご存知でしょうが、玄人もはだしで逃げ出すほどである意味だそうです)
釣り同好会は、ハゼ釣り大会でも下見も本番も同好会会長と・・・・・二人ぽっち??
釣果も今ひとつでしたが、食事会は、盛況でした。今後、キス釣り大会、みなとロータリークラブとの合同あゆの食事会と企画はメジロ押しです。
スキューバダイビング同好会では、年々会員が増え大変うれしく思います。
カナづちの私でも水野さんのご指導でライセンスまで取得できました。又、公私に渉りご指導、後ろ盾になって頂き、感謝しております。この一年で会員の皆さんにも認知され、次年度の益々の活躍に期待したいと思います。
私、幹事就任時に、池井戸会長の下、「会員のみなさんと一緒に楽しみたい」「相互理解」を掲げ、 主役は、会員のみなさんお一人お一人です。お一人お一人が辞書の1ページです。と申し上げましたが、振り返りますと私だけが楽しんだようです。
私の仕事は、黒子に徹し、会の運営を各委員長さん、会員のみなさんのお力をお借りして、それぞれの個性を「目一杯」出していただき、各会員さんの知られざる良いところを見つけて頂き、相互理解を深めて頂けましたでしょうか?良い黒子でしたでしょうか?また、一番重要な「会員の皆様がこの一年楽しんで頂けましたでしょうか?」
任期満了が近づきますと、あぁ~もすれば良かった。こう~もしたかった。もう少しやってもいいかな?もうちょっとやりたいな。
と、思うところで辞めるところが一番よろしいようで。趣味の落語では、ここで追い出し太鼓が鳴ります。お後がヨロシイようで。
簡単ではございますが、感謝の言葉を添えてご挨拶としたいとおもいます。

ありがとうございました。