「会長退任挨拶」

名古屋西南ロータリークラブ

 

 

「会長退任挨拶」

 

2004~’05年度 会 長


磯部   徹

 

 本年度はロータリー100周年、当クラブ創立10周年、愛知県では、愛・地球博の年でした。それで年度目標を「今年は10周年」、活動方針を「10周年を期に何か当クラブ独自の活動やプログラムを始めることが出来れば」「事業生活及び職業生活における誠実さと、高い道徳的水準を誇るクラブ」としました。

さて、未熟な私を1年間にわたり、見守り、盛り立て、お支え下さいました幹事、各委員長の皆様、理事役員の皆様、心より御礼申し上げます。
また拙い私の毎回の会長挨拶をお聞きくださいました皆様の忍耐に本当に感謝申し上げます。
ところで当クラブは、過去の諸先輩の御努力により、小さいながらも楽しいクラブ、という特色を持つ参加しやすいクラブになってまいりましたが、ロータリーでは先輩会員からの指示は必ず行う、という伝統の継承と、新しい息吹きとが交差するときでもありました。高い道徳的水準を持っていると世間からは見て頂いている、ロータリークラブに席を置いているという責任と義務に私は苦悩致しました。
当クラブの独自活動としては長谷川幹事及び河合国際奉仕委員長の大変なご尽力によりカンボジアへの新しい事業を行うことができました。
さて今年の最大のクラブ行事は創立10周年記念式典でした。大平委員長を中心として、川合、橋部、神谷の3副委員長によりまして盛大に成功裡に挙行できましたことは本当に感謝でございます。
私はといえば、当クラブ若手白浪五人男の方々とともに外部協力者20数人の方々による熱烈なる稽古、打合せに夢中でした。その結果5人で何とか当日演技でき、出席いただきました方からもお褒めの言葉を頂くことが出来ました事は出演者全員本当に良い思い出となりました。

この後の10年を築いていただく役員の皆様、次の20周年には名古屋に西南RCあり、と言われるようになっていますようよろしくお願い致します。