「2003~2004年を終えて」

名古屋西南ロータリークラブ

 

 

「2003~2004年を終えて」

 

2003~’04年度 幹 事


近藤 智洋

 

 2003~’04年度の幹事を務めさせていただき、森会長はじめ理事役員、各委員長そして全会員の皆様による多大なご理解とご協力により、無事に任期を全うすることが出来ました。本当に有り難うございました。森会長におかれましては、公私共に超多忙な中、ロータリー活動を最優先していただき、又、女性らしいきめ細やかな配慮の元に大変楽しいクラブ運営と雰囲気作りに尽力されました事に心より感謝致します。
 
今年度の目標の中で、森会長が特に「奉仕活動はあまりお金に頼らず、行動を主点に実行する」事と、会員同士の「友情の輪を大切にしよう」を主な目標に掲げ、実行してまいりました。この点を踏まえ、今年度は各委員会の企画と実行は委員長に全面的にお任せすると共に、5名の女性会員に委員長をお願いし、女性パワーを大いに発揮していただき活性化を図りました。山中ニコBOX、石井出席、そして津田クラブ会報雑誌の各委員長には、例会の雰囲気を盛り上げると同時に目標も達成する事が出来、大変有り難うございました。

 I.M.、大阪国際大会、ローターアクト地区大会のサポート、愛・地球博への協賛、それにブルーボネットで行った障害者の皆さんとのふれあい例会など、今年度は特別に企画が多い年になりました。その中でI.M.のホストクラブを務めたことは、私としても生涯忘れることの出来ないエポックでありました。岡田ガバナー補佐、水野・渡邉両ガバナー補佐幹事におかれましてはご多忙な中、任期を全うされ誠にご苦労様でございました。また、大塚I.M.実行委員長のユーモラスな中にも穏和な人柄を反映して、実行委員の皆様の類まれなチームワークにより成功裡のうちに、I.M.を終える事が出来ました。特に後藤親睦活動委員長には、例会の運営のみならずI.M.始め様々なクラブ事業に中心となって率先して行動していただき、感謝に耐えません。

 何かと粗雑な性格で皆様にご迷惑をお掛けしたと思いますが、無事に任期を終える事が出来ました事に今一度会員の皆様にお礼申し上げます。

ありがとうございました。